アラフォー幼児2人を育てながら英語に再チャレンジ!紆余曲折しながらの勉强

40代英語リスニング

英語を始めたキッカケは派遣社員から正社員を目指すため

皆さんこんにちは!現在、幼児2人育てている専業主婦のゆうこです。

私が社会人になって英語を勉強しようと考えたきっかけは、とても単純なものでした。

新卒で就職した会社を退職後、ずっと派遣社員として働いていたんですが40才を目前に控え

やはりきちんと正社員として就職しようと思ったのが最初のきっかけです。

派遣社員は定時で帰れますし、責任ある仕事は任されないこと、そしてオンオフの切り替えがしやすいので正社員になる気はなかったのです。

でも、母親から「このまま非正規雇用でずっと働いていたら、いずれはホームレスになってしまうよ!」と涙ながらに電話で説得されまして

一念発起して正社員での就職を目指すことにしたのです。

本当は長年、文筆業の仕事に就きたくて派遣社員をしながら専門のスクールに通っていたのですが、結局芽が出ることがなかったのです。

自分の中で、40歳という年齢が見えてきたこともあるし、40歳という数字を区切りに正社員を目指すのもいいきっかけだと思いました。

また、私の母親は昔ながらの考え方をしていまして、とにかく「正社員」というブランド名にこだわっていました。

そのことに以前は反発していましたが、40才が近づいてきたこともあり、この派遣社員という宙ぶらりんな状態にいるのはよくないなと思ったのです。

そこで、もともと学生時代に好きだった教科の英語を久しぶりに勉強して英語に関する資格取得を目指すことしたのです。

英会話スクールでの受け答えは単語で返す程度の英語力

英語を勉強した最初のレベルはかろうじて簡単な受け答えが成立する程度です。

例えば、「休日は何をしていますか?」と英語で聞かれたら「shopping」と単語文で答えられる程度ですから、本当に初歩の初歩といったところですね。

中高の英語の成績はよかったですし、英語が唯一、通知表で5がついた教科なので英語のテストはできたのです。

ちなみに一番最初にTOEICを受けた時のスコアは確か480でした。なお、英検は中学校で3級を受けたのを最後にそれ以降は受けていない状態でした。

まずは手始めに駅前留学で有名な英会話スクールに通いました。私が入会した当時は月謝制で受けることができたので一番安いコースで受けました。

週一回で8千円程度だったと記憶しています。それを1年ぐらい続けた時に、本格的な資格をとる学校に通おうと決意しました。

そこは通訳ガイドの資格をとるための学校でした。最初にお金をすべて振り込むのですが50万ほどだったと思います。

週1回土曜日の午後クラスで1時から夕方までみっちりレッスンがつまっていました。通訳ガイドは英語の試験ももちろんですが

日本史、地理、一般教養の科目すべてにパスしないと通訳ガイド試験に合格できないので

英語の授業にあわせて日本史、地理、一般教養の講義も土曜日のカリキュラムにはいっていました。

平日は英会話スクールに週1回通いつつ、併行して土曜日に通訳ガイドの学校へ通うというスケジュールでした。

なお、英会話スクールでは当然のことながら日常会話が中心です。

スクール専用のテキストをもっていき、そのテキスト内容にそってグループレッスンでそれぞれ日常会話の練習をするという形式でした。

ただ、そのスクールではグループレッスンの他に、グループレッスン分のポイントを2倍使用すると、マンツーマンレッスンを受けることもできました。

当時はグループレッスンよりはマンツーマンレッスンを多めにしていました。

そして、土曜日の通訳ガイド試験では、とにかく試験内容にそったプリントを毎回こなしていくという内容でした。

その内容は通訳ガイドとして必要な単語、そして日本を英語で紹介する英訳、そして長文読解でした。

英会話スクールよりも当然レベルが高く、そして英文法、英語構文などの基本的な理解ができてないと授業にはとてもついていけませんでした。

英会話スクールに通う満足感と高レベルなクラスが失敗の理由

私が英語の勉強を始めて失敗したと感じた理由は、まず最初の英会話スクールのレッスンの受け方に問題がありました。

派遣社員でお金もそこまで出せないため、週1回通うという形式で月謝も低めのものを選びました。

けれど、その週1回レッスンを受けるだけで満足してしまっていた部分があります。「私は英会話スクールに通っているのよ」と

なんとなくレベルアップしたようなそんな気分になってしまっていたのです。

けれど、世の中には帰国女子や留学経験のある人はたくさんいます。でも、自分が派遣社員で働いていた職場は

とにかく自分と同じような非正規でずっと働いているような人たちばかりでした。

なので、英会話スクールに通って自己スキルを磨いているという人はむしろ少なかったのです。

英会話スクールに通っているというだけなのに、通っていること自体がエライと勝手に思いこんでしまっていました。

また、2つめの失敗は、その後通訳ガイドの学校に大金を払いこんで通いましたが

こちらについては、あまりにも自分のレベルとかけ離れた学校に通ってしまいました。

その学校の入学基準は英検2級程度の実力があることというのが条件でした。

実は、私は通訳ガイドの学校に通う前に、英検2級の試験を受けて合格していたんです。

なので、なんとなく英語ができる気分になってしまい、かつその学校の入学基準にもきちんとあっていると思って入学しました。

けれど、実際は通訳ガイド試験は合格基準は英検1級程度の実力が必要です。

英検2級と英検1級のレベルはネイティブでいえば幼稚園児と大人ぐらい違うと感じました。

はっきりいって、土曜日の通訳ガイドの英語の講義に出ても、授業には全くついていけませんでした。

自分でも通うだけでせいいっぱいで、一体何をしているんだろうなという気持ちになってしまいました。

だんだん通訳ガイドの学校に通うのも苦痛になってくるほどレベルの違いに苦悩してしまいました。

学校は1年通うことになってしまいましたが、終わりのほうは講義に出るのもつらくなり行かなくなってしまいました。

毎日空いた時間を見つけて自身を英語漬けにする

社会人になってから英語を勉強しようと考えている方は、私のような失敗はしてほしくありません。

まず、英会話スクールに週1回通うなら、毎日30分でもNHKの語学講座など家で勉強するほうがまだマシです。

それは、英会話スクールに週1回通うのはお金のムダといっても過言ではない、ということを私自身が証明しています。

もし、本当に日本国内で英語を勉強しようと思うなら、例えば通勤時間の間にリスニングの勉強をして

読む本もすべて洋書にする、家に帰ったら英語で日記を書いてみる。とにかく英語漬けになることが必要です。

何かを習得するにはまず形からということで、英会話スクールに通ったりするのはおすすめできません。

英会話スクールに週1回通った程度では全くしゃべれるようになりません。

そして、それがだめだったからといって、学費の高い学校に通うのもよくありません。

自分のレベルにあっていなければ英語の勉強はキツイものです。

自分自身で英語を勉強するのが無理だからといって、他力本願で学校に頼ったとしても、結局授業についていけず挫折するだけなのです。

なので、本当に英語を勉強しようと思うなら、いっそ短期留学もよいのではないでしょうか?

私の周りでも英語をペラペラしゃべれているのはやはり留学経験のある人です。

ただ、会社につとめて短期留学というのは難しいですよね。

もし短期留学が無理ということであれば、外国人が多くくる日本の観光地へ行ってみるのもいいですね。

今は非常時で外国人も少ないかもしれませんが、事態が落ちついたら、近場の外国人がよく来る観光スポットなどへ行くのがおすすめです。

私自身、話しかけられやすいタイプのようで、外国人から道をきかれたりすることがあるのですが、やはり生の英会話というのは自分にとって本当に勉強になります。

「ノープロブレム」という本当の意味を知ったのも、実際に外国人に聞かれて初めて知ったくらいですから。

幼児2人を持ち英語に再チャレンジ!アラフォー主婦まとめ

✔キッカケは派遣から正社員を目指すため
✔英会話での受け答えは単語で返す程度
✔英会話の満足感と高レベルクラスが失敗
✔空いた時間を見つけ自身を英語漬けに

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]
タイトルとURLをコピーしました