在日外国人とのコミュニケーションを取ると勉強を開始49歳女性ライター

40代英語失敗

在日外国人とのコミュニケーションが必要と思い勉強

 

地方の公共機関の勤務を経て、現在は主婦ときどきライターの仕事をしています。49歳女性です。職場に出勤していた時と異なり、リモートでの仕事は楽なようでいて結構時間もかかるしストレスがたまります。

自宅の周辺にも近年様々な外国の方々が住むようになって、どこにいても外国人の方々を見かけるようになりました。彼らはそれぞれに努力して日本語を身に着けているようですが、祖国の友人知人と話すときはもちろん母国語か多くの場合英語を使用しています。

私自身は中学から短大まで8年間も英語を勉強してきたはずなのに、英語の意味は何となく理解することができても会話に関しては全くできないに等しいという情けない状態です。

これまで職場に外国籍の同僚の方と一緒になった経験はありませんがこれからは否応なしにそうした機会が増えることは間違いありません。多くの場合日本と同じように母国語がコミュニケーションの主であっても、英語は日本人よりもはるかに上手にしゃべることができます。

片言の英語でなんとかコミュニケーションをとることができても、街中で見かける彼らのように第2外国語としての英語を、うまくしゃべることはもちろん私にはできません。

せっかく日本に来てくれている外国人労働者の方々と少しでもスムーズなコミュニケーションをとるためにも、英語の勉強は絶対に必要だと痛感したのが英会話の勉強を志したきっかけです。

学生時代に英検2級を取得するも今では初級レベル

 

これからビジネス英語を正しく身に着けるまでのつもりはありませんが、少なくてもテレビの英語番組が字幕なしでも何となく内容を理解できる程度にはなりたいというのが、自分自身の目標です。英検の2級までは学生時代に取得しましたが語学に限らず知識は使わなければどんどん衰えていくものです。

細かな文法などはわからなくても、英語で話しかけられたときに簡単なやり取りはできるようになりたい一心で英語学習を始めました。

英語学習方法がどんなものが自分に合っているのかわからず、インターネットや友人知人にも聞いたりしていろいろと調べてみところ本当に驚くほど多種多様な方法があることを知りました。

英会話スクールに通ったり語学留学するなどの方法ばかりでなく、自宅にいながらインターネットで講師とやり取りしながら英会話のスキルを磨く方法や、英語をただ聞き流すだけといったものまであります。

ただ、ちょっと気になったのがあまりにも大げさな言葉で勧誘するタイプの学習法もあることです。私が始めたのはよく使う定型文を一定数丸暗記するというタイプのものです。

使われている単語もそれほど難しいものではないし、何よりも実践で日常会話のための英語が自然に口から出てくるようになるのが目標なので難しいことを頭で考えるよりも掛け算九九を覚えるように定型文を丸暗記するという方法はなんだかとても理にかなっているように感じたためこの方法を選びました。

一日当たり10種類の文を覚えてゆくやり方で、新しい10文を覚えると同時に過去3日間に学んだ文を毎日さかのぼりながら記憶を定着させるという方法です。毎日30分程度を一日2回に分けて、最初のうちはかなりスムーズに進んでゆきました。

毎日単調な繰り返しで面倒になり途中で飽きてしまった

 

一日当たりに覚える文も10文なのでそれほど負担にならず、最初のうちこそ順調に進んでいったのですが20日分ほどのカリキュラムが終わるころにはだんだんと飽きが出てきて、毎日行っていた学習が2、3日おきになって行き、やがてなんだか面倒になって途中でやめてしまいました。

毎日の単調な繰り返しに飽きてしまったことと、自分の英語が上達しているという実感を持てなかったことそして私自身に忍耐力がなかったのがこの英語学習法を続けることに失敗した理由だと思っています。

ただし、この方法は決して大きな負担のかかるものではなく、むしろ無理なく誰もが続けやすいように最小限の努力で英会話が身近にできるようになるための工夫が施されています。

にもかかわらず私は途中で飽きて投げ出してしまったのですが、ある時私と同じ方法で英語を学んだ人が全6巻のコースのうち半分を過ぎたころから明らかに英語を聞き取りやすくなったという感想を持ったことを知りました。

私はまだたったの2巻しか終わっていないのだから、特に何の変化も感じられないのは当然のことじゃないかと思いました。それに教材代金は全額払ってしまったのだし、途中で投げ出すなんてなんて愚かなんだろうと猛烈に反省しました。

そこからは気持ちを入れ替えて英語学習を再開し、一日二日空いてしまうことがあっても、なんとか続けて4巻まで終了しました。ある日突然英語がすっきり聞き取れるようになった…などの劇的な変化は感じられませんが外国のニュース番組などを積極的に見るようにしたところ、

以前よりも話している内容が理解しやすくなっているのは実感できるようになりました。もちろん語彙は全く足りていないので、ニュース番組で気になった部分の単語を調べるようにもなりました。

挫折しそうな時に自分の思いを共有出来る仲間が必要

 

私の場合飽きてしまって途中で学習を投げ出しかけたのですが、たまたま同じ学習法で確実に成果が実感できた人の意見を聞けたことが再び英会話の学習を始めるきっかけになりました。

私が途中で挫折してしまったとき、やはり自分一人で目標を定めてそれに向かって勉強を進めてゆくことは忍耐力が必要なのだと痛切に感じました。単調だと感じてしまった時も、例えば誰かとその思いを共有できれば、もしかしたらまた頑張れたかもしれません。

この学習方法はだれもが無理なく続けやすいように工夫されており、英会話教室に通ったりオンライン英会話を利用したりする方法とは違って自分の都合に合わせて自分一人で進めるものです。

自分の都合に合わせて進められるし、だれに気兼ねをする必要もないところは大きな魅力なのですが逆に一人でモチベーションを維持することは実は案外難しいのだということもわかりました。

社会人になって必要に迫られて高いレベルのスキルを身につけなければならない人にはあまり参考にならないかもしれませんが私のように日常会話で英語が気軽にしゃべれるようになりたいという人にとっては、この方法はおすすめです。

ただし、進捗状況や飽きてしまった時のモチベーションの保ち方などを気軽に相談できるような仕組みがあればさらに続けやすくなるでしょう。人に気を遣わずに済むし自分のペースで進められるというメリットを最大限に生かすためにも、そうした仕組みがあればぜひ活用したいし

特別にそこまで丁寧にフォローされていないなら、そういう仕組みを自分で用意するのがおすすめだと感じました。

たとえばチャットのようなところでお互いに悩みを共有できるような場があれば自分一人でもくもくとCDを聞いて学習するよりもきっと楽しく勉強が進められるのではないでしょうか。

外国人とコミュニケーションを取ると勉強49歳ライターまとめ

✔外国人とのコミュニケーションが必要
✔学生時代に英検2級も今では初級レベル
✔毎日単調な繰り返しで途中で飽きた
✔時に自分の思いを共有出来る仲間が必要
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]
タイトルとURLをコピーしました